郡山 相続 [ 遺産分割協議の話合いがつかないときはどうすればいいですか ]

query_builder 2024/05/22
ブログ
5D4_4395修正済み

【 質問 】相続人の間で遺産分割協議を進めてきましたが、どうしても話合いがつきません。

      このような場合、どのような手続きをとればよいのでしょうか。


【 回答 】結論としては、相続人間で遺産分割協議が成立しない場合、相続人の1人もしくは数

    人が申立人となって他の相続人全員を相手方として、家庭裁判所に調停もしくは審判を

    申し立てる手続きをすることができることになっています。


 参考事項

  調停と審判の関係について

   家庭裁判所における調停は、家事調停委員2名と家事審判官(裁判官)により構成される

  調停委員会が、各相続人から事情をきいて、話し合いで遺産分割についての合意をめざす手

  続きです。

   また、家庭裁判所における審判は、家事審判官が適切な分割方法を決める手続きです。


  調停申立手続きについて

   申し立てを行う家庭裁判所は、相手方のうちの1人の住所地を管轄する家庭裁判所となり

  ます。

   そして、申し立ては書面または口頭で行うことができます。

   また、口頭で行う場合は、家庭裁判所の書記官に必要な事項を陳述し、書記官が申立ての

  調書を作成することになっていますが、家庭裁判所に備え付けてある申立書用紙に必要事項

  を記入して申し立てることもできます。

   いずれの場合も、家庭裁判所の窓口担当者の指示に従って行うこととなりますので、事前

  に予約をとって相談することをお勧めいたします。


  調停手続きについて

   家事調停委員2名と家事審判官(裁判官)により構成される調停委員会により進められま

  す。なお、家事調停委員は、民間人から任命されている者です。

   調停委員会は、申立人、相手方の両方から順次、遺産の範囲、遺産分割の方法、特別受益

  の有無といった点について主張をきいて、双方に譲歩を求めたり、できる限り話し合いによ

  る合意をめざす手続きです。

   そして、話し合いの結果、遺産分割について相続人全員の合意ができたときは、調停調書

  を作成してそこに遺産分割の方法w記述します。

   

NEW

  • 郡山 相続 「遺産分割の前提問題とは?」

    query_builder 2024/06/14
  • 郡山 相続 「相続人に未成年者がいる場合の遺産分割について」

    query_builder 2024/06/03
  • 郡山 相続 [ 遺産分割協議の話合いがつかないときはどうすればいいですか ]

    query_builder 2024/05/22
  • 郡山 相続 [ 相続分なきことの証明書が送られてきた ]

    query_builder 2024/04/26
  • 郡山 相続 「 ローンがあるときの遺産分割をどうしたらよいか 」

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE